夫の体の臭いが妊娠初期の頃からかなり気になるようになった

以前は全然気に掛からなかった夫の体の臭いが、妊娠初期の頃から、かなり気になるようになってしまいました。

妊婦さんなった為に嗅覚的なものが変わってきたのかも知れません。

夫も40代となりもう若くはありません。

体臭の一つや二つあると思います。

最も問題なのが耳の裏や襟元などから発せられる変な臭いです。

気付いた時は「うわぁ」と思いました。

いちいち確認する必要もないのに、つい脱ぎたての夫のスーツやワイシャツの襟首辺りの臭いを嗅いでしまう私。

やる意味があるのか分かりませんけど。

そんな体臭はうちの子にもわかるようで、まだ年少さんなのですが、パパの臭いがする!と、あたしに旦那のYシャツを持ってきたりもします。

主人は結構子どもと遊ぶ方なので、そういう時に長男もダンナの体臭を認識していったのかも分かりません。

だけど、長男は気になっていなくても、あたしにとっては勘弁してもらいたい「臭い」なんです。

ですから、服を洗う場合には、予めつけ置きしておいたり、背広には消臭剤を使っています。

はやいところ汗ばむ夏が終わってほしいです。

高校生の頃から私だけ大量にかいていました。

どうしてかは分からないのですけど遺伝では無いようです。

社会人になっても汗かき体質は変わることなく、未だに汗っかきです。

昔は汗をかいてもネバついておらずニオイもせず気持ちいいものでしたが、年齢が上がると年々汗が出てくる事を気持ち悪いと思うようになりました。

運動していたせいか普通の人より食事量は多く、酒もたばこも嗜み、健康的によくない生活をしていたのです。

そんな生活をしていた為か、20代前半まではまめに運動していたので汗をかいてもイヤな感じはしませんでしたが、三十才を過ぎたくらいから汗の質が変化した事に気が付いたのです。

そんな年代になると仕事が忙しい時期でもあったので、スポーツする暇もなく汗がべたべたするようになったのです。

40歳を超えたころには加齢臭も加わって、発汗すると絶対に乾ききっていない衣類のような、カビのような変な臭いになって、通勤時間帯の電車を利用するのも躊躇うようになりました。

何度か臭いがしていたようで、周りの女性の視線に厳しいものを感じました。

コロンで何とかなると思っていましたが、汗のニオイと混じってより一層イヤな臭いになり裏目に出てしまって、周りを不快にさせてしまいました。

なんとかする方法がないかと探しているところです。

春から夏にかけて汗ばむ季節、とりわけ体臭がにおう人がどんな会社にも少なくとも一人はいるでしょう。

特にセールスなどで外出していた男性の社員が職場に戻ってくると、彼の放つ独得の臭いで重苦しい雰囲気になります。

がんばって仕事をしてきた証なのだから、それに関しては駄目なことではありません。

エアコンの効いた社内にいる女子社員ですら、少し廊下に出ただけでもじっとりと汗をかいてしまう季節です。

だけど、自分自身の体臭に少しも関心を持たないというのは感心できることではありません。

制汗スプレーやパウダーシート、ロールオンデオドラントなどいろいろな効果的な商品が出回っているのに、汗でビショビショになった肌着などを着替えることもなく、周りの人に迷惑をかけてしまうことは事前に防がなければなりません。

とくに取引先などで不快な思いをさせてしまうこともあると思います。

このことは礼儀とか社会のルールであり、スムーズに仕事をする上で大切なことです。

男性、女性関係なく、体臭に気を使う必要があります。

参考記事:チチガ ビューホット 後悔