枕とブランケットから加齢臭が臭ってきた

20歳代のころには体臭が気になることはなかったのですが、30代に入ってヤバいなと思い始めました。

きっかけとなったのは、仕事や旅行で長いこと家に帰れず帰った時に自分の部屋が加齢臭で充満していた時です。

何が臭いの元なのかと、あちこち臭いを嗅いだところ、まくらとブランケットからその加齢臭がにおってきました。

そんな訳で洗濯機を2度回したのですが、においは残ったままで、うっすらとおじさんの臭いが残ってる状況です。

それ以降自分の体臭を気にするようになり、時々指先で頭皮をこするのですが、目を疑うくらい指がテカテカになってしまいました。

試しにニオイをかいてみると、洗っていないような脂のにおいがして、オヤジ臭いにおいがすることに気づきました。

2、3日後の地肌ではないのです。

仕事が終わる頃には頭皮が臭くなっているような状況でした。

皮脂汚れを落とすシャンプーや頭皮のマッサージなどをしていますが、それでも臭いはなくなりません。

とくに油っこいものを食べた、翌日とかは、ニオイがきくなります。

だから、朝会社に行く前に髪を洗うようにしていますし、あまり整髪料をつけないように注意しています。

自分でもにおうということはまわりの人はもっと臭いと思うので、自分の臭いには要注意です。

一年中汗に関する悩みってきりがなく、夏場は気温が高い事で出る汗なのでずっと発汗しているので、やっぱりニオイが気になります。

汗を掻いている最中よりもそのあとの湿った状態が嫌いだから、汗を出さないことが自分自身にとって一番の問題です。

とはいっても、そのまま何もケアしなければ汗をかいてしまうので、防止のため色んなものを試しましたが、出る汗の量を減らず物があっているようでした。

汗を抑える制汗剤には、吹き付けるタイプ、ロールオンタイプ、汗拭きシートといった色んなものがあるのですけど、使用方法を考えるとやっぱりスプレー式がとてもラク。

白くなってしまうこともあるのですけど、直で素肌につけたり手で触って使用するものは手を洗わないといけないですし、外出の際にも使える事を考えるとスプレー式であれば、ポーチから出して脇などをケアするだけで完了しますし、香料など汗の対策の他でも楽しめたり、また使用することでスーッと冷やしてくれるのでリフレッシュ効果も。

今いいな~と思っているのは、衣類に直接スプレーすることで、消臭効果が持続できるイオン入りのスプレー。

一度シュッとスプレーすると次に洗う時まで臭い消しの効果を持続するという優れもので、服以外にも壁紙やクロスなどにも対応しているみたいです。

あんまりお洗濯できないものなどに使うといいと思います。

もうすぐ梅雨明けして暑い夏が訪れます。

夏だからできる楽しい思い出を残したいと考えていますが、この季節に悩まされるのが汗による悪臭だと思います。

夏場は、どうしても汗が出てきます。

特別汗かきな自分は「汗の染みた服の臭いで周りの人に嫌な思いをさせていないかな?」と、凄く心配でたまらないのです。

全身汗をかいてしまいますので、お世辞にも良い香りとは言えないと思います。

それから、脇のニオイも不安です。

ワキの下にも、結構汗をかいてしまい、服に汗ジミができてしまうほどです。

汗じみを防ぐ脇汗パッドを利用して、洋服に汗ジミができないようにしているのですが、やはり脇の臭いは気にせずにはいられないと思います。

それと忘れてはならないのは、足もとだと思います。

くつを履いて夕方まで仕事をしているので、くつを脱いだ途端ツンと鼻につくような臭いがします。

周囲にもわかってしまう程きつい臭いです。

汗をよく拭きとったり、足をきれいに洗ったり、デオドラント用品を上手く利用しつつ、まわりの人に迷惑をかけないように気をつけて、暑い季節をどうにか乗り越えるつもりです。

すそわきが ビューホット 後悔