汗ジミや臭いの悩みから解放されれば堂々とプレゼンに臨めるのに

「汗染みになっていないかな。臭わないかな?」

自分は、仕事の関係で多くの人の前で発言することがあります。

発表するときは、プレッシャーから心臓がはちきれそうになりますが、そのこととは別に気もそぞろに自信を持つことが出来ません。

どうしてかというと、最初に書いた不安があるのです。

そういうときは、毎度「こんな悩みを持っていなければ自信満々で、堂々とプレゼンテーションに臨めるのに」と思ってしまいます。

少しでも悩みを少なくしようと、わき汗シートを使ってみたり、臭いを抑えるためのものを塗ってみたり、しょっちゅう拭くようにしているのです。

あと、常時ハンカチを持ち歩いています。

一人の人間として、人が沢山いる前で発言する事のある者として、汗で困らせられる事があるのですけど、こればっかりはしょうがないです。

発汗する事で、体温調整が出来るし、老廃物を排出し吹出物も減ります。

汗というのは生きていくうえで重要な事なのです。

汗のおかげで悩まされることはありますが、あたしはこれから先も汗と上手く付き合っていこうと思うようにしました。

からだのニオイは誰でももっていますし、全くにおいがない人はいないのではないでしょうか。

やはり汗が出ると殆どの場合といってもいい程においを発してしまうと思います。

からだのニオイは厄介なもので自分ではあまり自覚できないことがあるのですが、他人からすると敏感に感じやすく気を悪くされることが多いということです。

誰もが一度くらい味わったことがあると思います。

例として、フィットネスジムの更衣室の匂いとか、蒸れた靴下のニオイだったり決して心地の良いものではないと思います。

ですがあたしは、できるかぎりにおいに関しては不快に思わないように気を配っています。

言うまでもないですが、明らかににおいが強いと感じた場合には自分も過敏に反応してしまいそうですが、暑い日の満員電車などで匂うものは逃れられないとあきらめるようにしています。

どうにもならないことですし、だれも意図して体臭を臭わせるために乗って来るわけではないと思うので、がんばっている証拠だと想像するようにしています。

ニオイを防ぐことも大切ですが、捉え方も大切だと切に思っています。

気温が高くなり、暑い日が続くと、心配になってくるのは体臭問題です。

特に体臭は自分で気づいて対策できればまだいいですが、周囲の人しか気づいてないと知らせてくれることは無いと思います。

ニオイの悩み事の解決策として、腸の働きを良くすることが有効だそうです。

特に便通の良くない人はやってみるといいそうです。

その訳は、便が大腸の中で滞留していると、そこから腸に溜まっている老廃物などを腸が吸収してしまうそうです。

その老廃物などの毒素はお肌から出ようとする為、それが体のニオイとなって表れてしまうんです。

食生活から気を付けていくのがいちばん手っ取り早い方法です。

腸内環境と言えば、まず第一に浮かんでくるのはヨーグルトですよね。

しかし、同じ銘柄のヨーグルトを半月位試してみて効かなければ、別のヨーグルトに変えるといいみたいです。

菌の種類が自分の体質に合うと良いのですけど、効果が出ないという事は、合っていないという事です。

あとは発酵食品を積極的に食べるなど、自分がやれる対策をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事:すそわきが ウルセラドライ 後悔

枕とブランケットから加齢臭が臭ってきた

20歳代のころには体臭が気になることはなかったのですが、30代に入ってヤバいなと思い始めました。

きっかけとなったのは、仕事や旅行で長いこと家に帰れず帰った時に自分の部屋が加齢臭で充満していた時です。

何が臭いの元なのかと、あちこち臭いを嗅いだところ、まくらとブランケットからその加齢臭がにおってきました。

そんな訳で洗濯機を2度回したのですが、においは残ったままで、うっすらとおじさんの臭いが残ってる状況です。

それ以降自分の体臭を気にするようになり、時々指先で頭皮をこするのですが、目を疑うくらい指がテカテカになってしまいました。

試しにニオイをかいてみると、洗っていないような脂のにおいがして、オヤジ臭いにおいがすることに気づきました。

2、3日後の地肌ではないのです。

仕事が終わる頃には頭皮が臭くなっているような状況でした。

皮脂汚れを落とすシャンプーや頭皮のマッサージなどをしていますが、それでも臭いはなくなりません。

とくに油っこいものを食べた、翌日とかは、ニオイがきくなります。

だから、朝会社に行く前に髪を洗うようにしていますし、あまり整髪料をつけないように注意しています。

自分でもにおうということはまわりの人はもっと臭いと思うので、自分の臭いには要注意です。

一年中汗に関する悩みってきりがなく、夏場は気温が高い事で出る汗なのでずっと発汗しているので、やっぱりニオイが気になります。

汗を掻いている最中よりもそのあとの湿った状態が嫌いだから、汗を出さないことが自分自身にとって一番の問題です。

とはいっても、そのまま何もケアしなければ汗をかいてしまうので、防止のため色んなものを試しましたが、出る汗の量を減らず物があっているようでした。

汗を抑える制汗剤には、吹き付けるタイプ、ロールオンタイプ、汗拭きシートといった色んなものがあるのですけど、使用方法を考えるとやっぱりスプレー式がとてもラク。

白くなってしまうこともあるのですけど、直で素肌につけたり手で触って使用するものは手を洗わないといけないですし、外出の際にも使える事を考えるとスプレー式であれば、ポーチから出して脇などをケアするだけで完了しますし、香料など汗の対策の他でも楽しめたり、また使用することでスーッと冷やしてくれるのでリフレッシュ効果も。

今いいな~と思っているのは、衣類に直接スプレーすることで、消臭効果が持続できるイオン入りのスプレー。

一度シュッとスプレーすると次に洗う時まで臭い消しの効果を持続するという優れもので、服以外にも壁紙やクロスなどにも対応しているみたいです。

あんまりお洗濯できないものなどに使うといいと思います。

もうすぐ梅雨明けして暑い夏が訪れます。

夏だからできる楽しい思い出を残したいと考えていますが、この季節に悩まされるのが汗による悪臭だと思います。

夏場は、どうしても汗が出てきます。

特別汗かきな自分は「汗の染みた服の臭いで周りの人に嫌な思いをさせていないかな?」と、凄く心配でたまらないのです。

全身汗をかいてしまいますので、お世辞にも良い香りとは言えないと思います。

それから、脇のニオイも不安です。

ワキの下にも、結構汗をかいてしまい、服に汗ジミができてしまうほどです。

汗じみを防ぐ脇汗パッドを利用して、洋服に汗ジミができないようにしているのですが、やはり脇の臭いは気にせずにはいられないと思います。

それと忘れてはならないのは、足もとだと思います。

くつを履いて夕方まで仕事をしているので、くつを脱いだ途端ツンと鼻につくような臭いがします。

周囲にもわかってしまう程きつい臭いです。

汗をよく拭きとったり、足をきれいに洗ったり、デオドラント用品を上手く利用しつつ、まわりの人に迷惑をかけないように気をつけて、暑い季節をどうにか乗り越えるつもりです。

すそわきが ビューホット 後悔

自分の頭皮臭ってどう対処すればいい?

「体臭」って聞くとドキッとしませんか?

私も私自身の脇や頭皮の匂いが気に掛かる事があります。

ではどのように対処すればいいのでしょうか?

「頭皮臭」は「皮脂」が主な原因なので洗髪料で髪の毛の汚れを落とすというよりも髪の根本を優しくマッサージするような感じでやっています。

しかし、「脇臭」と言うのはどんな風に防げばいいのでしょうか。

デオドラントスプレー、ボディーシートと様々なものがありますが、私自身もっとも効いているのはクリームだと思っています。

私は通販で購入していますが、ホントにそれがよく効いています。

しかし、これは個人に合う合わないがあるのでやはり体臭をケアする為には自分自身に適したものを見つけていくしかないのかもしれません。

ちょっと思ってる事なのですが、わたしは自分のカラダの臭いに関しては気をつけるようにしています。

しかし、街には発している体のニオイを自覚していない方も多々いるのかなと思う面もあります。

わたしは「パチスロ」が好きなのですが、近くの台で遊び始めた人がすごい体臭で辛いときもあります。

やはり周囲の様子を伺うと私とおなじ意見の人もいるようでタオルなどで対処しますが、たいして役には立ちません。

「クサい人」に「クサい」と言えないところはありますが、先に座っていたのになんで逆に気を使うのかというのもあります。

やっぱり各自のニオイ対策や自覚が必要だなと考えています。

「体臭」は自身のものだと感じづらいですが、マナーとして常に臭わせない努力は必要だなと思っています。

なかでもよく汗を掻く夏の季節は、不安が大きいです。

臭いでほかの人に害を与えてしまう事を「スメルハラスメント」なんて言いますしね。

自分自身のニオイに神経質になりすぎるとそれが「ストレス」となりかえって体臭がひどくなるそうです。

汗を掻く度に入浴したり、服を替えるようにし、脂っこいものや動物性のたんぱく質が多い献立は控えた方がいいみたいです。

野菜を多めに食べ日本茶などで水分を摂取するのも体臭対策になるそうです。

体臭対策は、よく汗が出る夏だけのものというイメージだったのですが、季節によって汗の出方も変わるんですって。

「気温が低い時期の方が体の臭いがきつくなる」という話を聞いてドキッとしちゃいました。

生活を見直すことで、臭くなりにくい体を作れる事が分かれば、ストレスも感じにくくなります。

軽い運動などで血のめぐりをよくして、老廃物を出すようにすることもニオイ予防になるみたいです。

イヤな体臭で一般的なのはワキガ臭ではないでしょうか。

あの鼻を突く臭いはイヤですよね。

しかし、脇だったら汗を抑えてくれるスプレーなどが売っています。

という訳でそれを使ったらある程度の臭いは抑制できます。

年齢が上がった事で注意しないといけないのは、デリケートゾーンのニオイになります。

夏場など高温多湿になる事で臭ってしまう事があるのです。

あと尿がちゃんと拭きとられていないために臭う元となったりします。

生理中の臭いや蒸れも気がかりです。

デリケートゾーンの消臭スプレーなんてほとんど売っていないので、簡単に手に入れられないのが現状です。

ここ最近はサロンでVIOの脱毛処理をする人が増加傾向にあるそうです。

Vゾーンのムダ毛を処理することで蒸れやにおいを防げるため為です。

いちばんは見た目もスッキリします。

月経期間中もむだ毛が減少する事で、お手入れがかなり楽になります。

「将来的に介護して貰うようになった時のために」と脱毛する中年女性が増加していると耳にしました。

デリケートゾーンを脱毛するのは、においを予防するためにも有効だと思います。

参考:すそわきが ミラドライ 後悔